土曜日, 20. 10月 2018, 日本, 【満席】万能薬「びわの葉エキス」をつくる会

万能薬「びわの葉エキス」をつくる会

■びわは、昔から魔法の木
なんと3千年も昔から、涅槃経(ねはんきょう)などインドの古い仏典の中に、びわは大変優れた薬効を持ち生きとし生けるものの万病を治す植物として登場します。びわの樹は「大薬王樹」、びわの葉は全ての憂いを取り除く「無優扇」と名付けられていたことからも、その癒しの力の絶大さが、すでにこの頃からあまねく知られていたことがうかがわれます。

日本でも古くは奈良時代、天平2年に光明皇后がつくられた「施薬院」、これは貧しい人々や病気の人々の救済施設ですが、そこでびわの葉の療法がもう行われていたのです。

ビワの葉エキスとは、ビワの葉を35度以上のアルコールにつけておいて、ビワの葉の栄養分・エネルギーを抽出したエキスのことをいいます。

■ビワの葉エキスは痛みに特効を示します。

ビワの葉エキスは痛みや炎症をとる働きに優れていて、外傷や火傷にもよく効くんですね。
ひどい火傷でも、患部にこのエキスをどっぷりつけていればケイロドにもならずにキレイに治ります。

打撲や捻挫に使うときは最初の1日は急性期で炎症が強いので患部を冷湿布して、炎症が少し治まったらビワの葉エキスを水で2~3倍に薄めてガーゼに塗って患部にあて、油紙で覆って包帯で固定しておきます。ぎっくり腰や四十肩(五十肩)も同じで、慢性の肩こりはそのまま、すぐ使えますよ。

アトピー、かぶれ、じんましん、にきび、虫さされ、水虫は一日に何回か患部に直接エキスをぬれば早めに治ります。(幼児にはしみるので、ビワの葉の煮汁がオススメ)

口の中の痛みは、エキスをしばらく口に含んでいるとよくなりますし、のどが痛いときには薄めたエキスでうがいをすると良くなります。

胃腸のもたれや滋養強壮にはオチョコ1杯分のビワの葉エキスを3~5倍に薄めてのむと体がラクになり疲労回復が早まります。エキスが強すぎると胃があれるので、薄めながら調整してくださいね。

さあ、びわの葉エキスを仕込んであらゆる場面で活用しましょう。


講師プロフィール
ご近所にお住まいの【陸川祐有加】氏

臨床心理士
三井温熱株式会社認定 三井温熱療法師
天城流湯治師補
友永ヨーガ学院指導者養成コース卒 ヨガインストラクター
へナインストラクター
BMSマッサージスクール レベルⅠ修了

場 所 醗酵食専門カフェ 釀(かもし)カフェ
    杉並区西荻北4ー35ー6 カーサ藤江1階
電 話 03-6913-5888  090-2217-1503
開催日 2018年10月20日(土)
時 間 10:00〜12:00
定 員 12名
会 費 6,000円(お茶付き・仕込んだびわの葉エキス900ml)

お持ちいただくもの   筆記用具 エプロン、ハンドタオル 
   

Facebookのmessege、メール、電話で受け付けております。
少人数のため、キャンセルは受けられませんのでスケジュールを調整の上お申し込みください.

なお、Facebookで参加予定を押されても、正式参加にはなりませんのでご注意下さい。参加申請のコメントをいただいて、こちらから承諾のご案内コメントで正式申し込み完了といたします。
まちがいが多いため、多少お手間をおかけいたしますが、承諾下さい。

【キャンセルポリシー】開催当日から7日前までと当日連絡なしの欠席は会費の全額をキャンセル料として承ります。

【満席】万能薬「びわの葉エキス」をつくる会

もっと面白いイベントを探します
自分のFacebookの味に基づいて、イベントの推奨を取得します。今それを入手!私は私のために適したイベントを表示今はやめろ